子育て×ブログ×プログラミング時間の使い方

プログラミング

こんにちは、ジもちーです。

私のプロフィールに書いてある通り、割と崖っぷちの状況で子育て×ブログ×プログラミング勉強を同時進行しています。

今回はそんな崖っぷちの状況でブログを投稿しながらの状況を綴り、

同じように時間が限られた中でブログ執筆やプログラミング勉強を進めていきたいと考えている方の一つの参考として状況をお伝えしていきたいと思います。

 

時間の確保が難しい

私の当初の想定では息子がAM/PMに2時間ずつ昼寝に入る時間をプログラミング勉強に充て

夜、息子が寝た後の2~3時間を使ってブログ投稿をしようというもの。

このスケジュール通りにいけば

  • プログラミング勉強の時間が4時間
  • ブログ執筆の時間が2~3時間

確保できる計算です。

 

では、実際の私の確保時間は

  • プログラム勉強時間1~2時間
  • ブログ執筆1~2時間

全然足りません。

 

なぜこうなってしまったのか1日のタイムスケジュールを確認して見ます。

〇起床:7:00~8:00

〇朝ご飯・洗濯・息子に絵本を読む:8:00~10:00

〇息子昼寝:10:00~11:00

〇息子離乳食・昼ごはん・お散歩・買い物:11:00~15:00

〇息子昼寝:15:00~16:00

〇息子離乳食2回目・息子と遊ぶ:16:00~19:00

〇夜ご飯・息子と一緒にお風呂:19:00~21:00

〇息子就寝:21:00~22:00

〇奥さんと会話・ブログ執筆:22:00~23:00

〇就寝:23:00~24:00

〇息子起きる・ミルクをあげる:1:00 and 4:00

〇起床:7:00~8:00

 

ざっくりこういった感じです。

ブログ執筆とプログラミング勉強の時間が確保できなかった要因としては

  • 息子の昼寝時間が想定していたよりも短かったこと。
  • ブログ執筆の時間が長くなると睡眠時間を確保できなくなり、日中の活動に支障が出始めたこと。

 

最初に設定していた時間の確保スケジュールが到底甘かったことが分かります。

再度、確保できる時間を洗い直しどのように時間を振り分けていくのか検討する必要があります。

 

時間を使う優先順位

現状自由に使える時間は計4時間。

これをブログ執筆とプログラミング勉強に半々に割り振っていましたが、優先順位を考えてみることにします。

そもそもブログ執筆とプログラミング勉強の目的は在宅で育児をしながらお金を早急に稼ぐ為のもの。

そうなると優先順位で高くなるのは

プログラミング勉強 > ブログ執筆

になるでしょう。

なぜならブログは長く続ければそれなりにリターンを得ることが出来るが、数か月で結果が出るものではない。

その点プログラミングは学習が上手く進めば早くて3~6か月でクラウドソーシングを使って案件を受注しお金を稼ぐことが出来る。

故にプログラミング勉強のほうが優先順位が高くなるのである。

つまり、ブログ投稿頻度を減らしてでもプログラミングの学習スピードを速めたほうが私の目的には近づきやすくなります。

時間を増やす

これを見ている人の中にはそもそも「もっと時間を確保すればいいのではないか?」という方もいらっしゃるかと思います。

私も考えましたが、使う時間を意図的に増やすことは断念しました。

なぜなら、これ以上に時間を確保しようとなると息子が起きている時間に勉強やブログ執筆をするという手段になってしまいます。

これは私が在宅での仕事を目指す理由の1つである「家族との時間を確保するために在宅でお金を稼ぐ術を身に付ける」意図に反していることになります。

家族との時間を確保するために在宅で出来る術を身に付けるはずが、家族との時間を犠牲にして取り組むのは本末転倒であると考えた為、これ以上に時間の確保は今のところ考えていません。

今後、息子が成長していくにつれ、自分の時間がもう少し確保できそうなときにこちらは考えていきたいと思います。

今後の時間の使い方

プログラミング勉強を優先として

  • プログラミング勉強:3時間
  • ブログ執筆:1時間

基本的には毎日このペースで活動していきたいと思います。

さいごに

今回は私の生活を例に考えてみましたが、人それぞれ生活リズムも違えば仕事内容や家庭環境、自分の為に使える時間も違います。

そんな中で自分にとって今後何を目指して、その為には一体何の優先順位が高いのかを一度明確にした上で時間配分を考えることをお勧めします。

私は最初特に何も考えずに取り組んでいましたが結果、想定の甘さが露呈しました。

皆様は限られた時間を最も効率よく有意義に使うことを決めてから行動に移してみてください。

それでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました